カンジダ:強いかゆみや白いおりものが出たら要注意!疲れやストレスなど免疫力が落ちると増殖して悪さをします。

大佐
男性での発症は女性に比べて少ないらしいけど、肌の弱い人や免疫力が低めの人では発症しているみたいだね。

僕は発症経験はない。

カンジダの症状

男性の場合、性器が露出していて乾燥するため、湿ったところを好むカンジダ菌は死滅してしまうため、発症することはとても少ないです。

まれに、亀頭や包皮の痒み、赤み、白いカスがでることがあり、尿道に感染して尿道炎になることも極めてまれに起こります。

女性の場合は強い痒み、白色のどろっとしたおりものが特徴で無臭です。

カンジダの感染経路

女性の場合、常在菌として自分が持っているカンジダ菌が増殖しておりもの、痒みなどの不快な症状を起こすことがあり、性感染症に分類されていますが性交渉で感染するのは5%程度と言われています。

カンジダ菌の増殖する原因は免疫力の低下、風邪や疲労、ストレスなどの他、ホルモンの変化にも関係していて、生理の1週間前くらいがいちばん発症しやすい時期と言えます。

カンジダの検査法

病院での検査は「膣鏡診」といって膣の中のおりものの状態を確認する方法と、おりものを採取し、顕微鏡で見て検査するものがあります。

顕微鏡でカンジダ菌が確認できなくても、おりものを培養して数日後に確認することもあります。

膣内のPH値を測定することで、酸性のカンジダと、中性のトリコモナスや細菌性膣炎との違いを見ることもあります。

郵送で調べられるキットもあり、培養して顕微鏡で確認してもらえます。

カンジダの治療法

カンジダ膣炎と診断されると、病院では膣洗浄と軽い消毒を行います。

処方された膣剤や塗り薬で治します。日本ではよほど治りにくい人以外は飲み薬を処方されることはないようです。

カンジダの予防法

性交渉による感染は5%程度と非常に少ないですが、他の感染症を防ぐ意味でもコンドームの使用は有効です。

ストレスや睡眠不足、疲れなどにより免疫力が低下するとカンジダ菌の増殖につながるため、日常生活で健康の増進につとめることが予防法と言えるでしょう。