性病とは:血液、体液、粘膜の接触で病原体であるウィルス、細菌、原虫が感染する。

性病とは

大佐
性病、これはプレイヤー諸君にとっては気を付けなければいけないポイントだよね。

僕の経験では、クラミジアに4回、淋病に1回経験があるけど他の病気の感染は検査をしていないのでわからないといったところかな。

匿名君
なんとなく自分は大丈夫と思いがちで、対策はしてないかも。
匿名ちゃん
コンドーム無しでセックスしようとする人多いけど、信じられないって思う。
大佐
ある女性と初めてセックスした後、その後電話でレディースクリニックで診察受けたら「クラミジア」だった、あなたも検査してって言われた時は非常に気まずかった。

その後、連絡取れなかったな~

かつて性病のは性病予防法で定められ、「梅毒」「淋病」「軟性下疳」「鼠径リンパ肉芽腫」の4つとされていました。

しかし「エイズ」や「性器クラミジア感染症」などの新しい病気の感染者増加により、1998年に性病予防法は感染症法という呼称に統合され、性的接触によって感染する病気を総称して「性感染症」と呼ぶようになりました。

今でも一般的に「性病」という言葉は残っていますが、現在では「性感染症」と言います。

性病の感染経路

大佐
セックスで感染するんだけど、それ以外でも感染するから感染経路は頭に入れておいた方が良いかもだね。

感染する行為は、セックスやその他の類似行為(フェラチオ、アナルセックス、リミング)によるもので、感染経路は精液、血液、粘膜との接触で感染します。

また、病原体には細菌、ウィルス、原虫などがあり、それらが感染者から非感染者にうつり発症します。

特に感染者との血液の接触で感染するHIV、梅毒、B型肝炎、C型肝炎は、性行為がなくても相手の血液と接触する行為があれば感染します。

HIVの血液感染する病気 HIV、B型肝炎、C型肝炎

性感染症の中でも血液感染する危険性が高いのがHIVです、何故なら1度感染すると現在の医療では体内から排除することはできないからです。

血液で感染と言っても、輸血や注射のまわし以外でも微量な血液や目に見えないような小さな傷からでも感染することを頭に入れておこう。

つまり、アナルセックスなど分泌液が出ず摩擦で小さな傷ができるようなセックスでは感染確率がぐんと上がるんです。

この場合は、感染者に傷があり、自分にも傷がある場合、血液感染する可能性はとても高いです。

そして、あまり知られていませんが、B型肝炎ウィルスやC型肝炎ウィルスもHIVと感染経路が同じなので注意しましょう。

陰毛や皮膚、着衣の接触で感染する 毛じらみ

陰毛などにつくしらみが皮膚経由で感染する性感染症で、感染部位の陰毛や皮膚が接触することで感染します。

タオルの共用や衣服からうつる可能性もあります。

患部の接触により感染する 梅毒、コンジローマ、ヘルペス

これらは感染した部分の皮膚に病変が起き、患部との接触で感染します。

ヘルペスの場合だと、水ぶくれがつぶれるなどのケースがあり、これらに触れることでうつります。

感染部位や分泌液との接触で病原体の細菌が感染する

性感染症の病原体には、寄生虫、ウイルス、細菌があります。

細菌による性感染症は、梅毒、淋病、クラミジアで、これら病原性の細菌が感染した部位や含まれる分泌液への接触で感染します。

感染部位の接触で原虫が感染する

トリコモナスは性行為により感染しますが、性行為が無くても感染し、公衆浴場、便座、タオルの共用などでも感染します。

公衆浴場での感染はかなりのレアケースなので、あまり神経質になることもないでしょう。

性病の種類

大佐
HIVや梅毒など感染すると深刻な症状や後遺症を残すものから、感染しても比較的簡単に完治するクラミジアや淋病まで様々な性病があるよね。

でも、実は完治しやすい病気でも放置すると炎症による臓器の変形で不妊症になることもあるので感染には注意したいところだね。

主な性病には梅毒、HIV感染症(エイズ)、淋菌感染症(淋病)、性器クラミジア感染症、性器ヘルペス、ケジラミ症、尖圭コンジローマなどがあります。

人の身体に存在することが多いカンジダのような真菌や、膣炎、尿道炎も性感染症とされます。

男性の症状

大佐
経験者としては、クラミジアの時はなんだか尿道がチクチクして透明な液が尿道から垂れる感じ、淋病の時はクラミジアより症状が激しく排尿時に「痛てぇ」てくらいの痛みと黄白色の膿が尿道から出たね。

クラミジアの時は、おしっこした後に良く切らなかったのかな?って程に液が出てパンツが濡れて、性病だとは思わ火なったな~。

男性の場合多くは排尿や射精のときに痛みやかゆみを感じたり、尿道から分泌液や膿がでたり、男性器に症状が出る傾向にあります。

また、皮膚に症状が出る病気では痒みや赤み、ただれ、イボなど目に見える顕在化した症状が出ます。

女性の症状

大佐
女性では自分で見れないんだろうなって場所に、イボができている人がいて、セックスしたら尖圭コンジロームうつされたことあったな~。

多分、本人は自覚してないんだろうと思う。

性器の痒み、ただれ、痛みやおりものの色やにおいなどに症状が出る傾向にあります。

皮膚に症状が出る病気では、水ぶくれができたり、ピンク色のあざやしこりなど目で確認できる症状が出ます。

コンドームをつければ性病(性感染症)は防げるか?

大佐
僕も性病を経験するまでは、けっこう生でセックスしてたけど、自分が性病を持っていて相手の女性に感染させてしまい気まずくなった事があって、それ以来コンドームは付けるようにしているよ。

コンドームは男性用と女性用があり、日本では男性用の性器に装着するタイプが主流です。

そもそもコンドームは避妊具であり性病を予防する為のものではありませんが、女性が精液の接触を避けれることから妊娠を避けるだけではなく、あるていどの性病の予防効果も期待されています。

性病の感染経路には、病原体により様々な経路があります。

例えば、クラミジアや淋菌は細菌が病原体となっており、この細菌が粘膜の接触により感染者から性行為などにより感染し発症します。

また、このクラミジアや淋菌は性器だけではなくオーラルセックスなどにより咽頭にも感染します。

HIVや肝炎ウィルスは、ウィルスが病原体であり血液や精液の接触により感染するので、出血が伴う性行為など体液の接触があると感染リスクが上昇します。

トリコモナスは、寄生虫が病原体で、性器の接触により感染します。

コンドームの使用は、これらの感染経路のいくつかを遮断できるため予防効果は高いのですが絶対では無いことに留意しましょう。

また、オーラルセックスの時はコンドームを装着せずにいると、喉に感染する性病の感染者がいる場合は感染してしまいます。

ですので、予防効果を高めるためには性行為の最初から最後までコンドームを装着することが大切です。

以上のように、性病を予防する方法は完全では無いので早期発見と早期治療が大切となるので性病の検査を定期的にすることで無自覚な感染を拡大させないエチケットが大切になります。

郵送検査