淋病:性行為により約3割の方が、尿道、性器、喉に感染する。

トリコモナスを診察する医師

淋病の症状

淋病の場合、ほとんどの男性に症状が現れます。排尿時の痛み、尿道の痒み、亀頭の腫れの他、特徴のある黄色くどろっとした、悪臭のある膿がでるなどの症状です。

さらに進行すると淋菌性の前立腺炎になり、下腹部が痛むなどします。これをさらに放置すると、精巣上体炎へと進行し、陰嚢(睾丸)は赤く腫れ、高熱が出ます。

女性の場合は症状が現れない人が多く、現れたとしてもおりものの増加や色の変化、異臭などや、性器の痒みや腫れ、尿道炎を起こした場合は排尿時の痛みがでます。

また、淋病はクラミジア同様のどにも感染しますが、男女とものどの場合は症状がでないことがほとんどです。

淋病の感染経路

性交渉やオーラルセックスにより粘膜感染します。

クラミジア同様、性交渉により感染しやすく、1回の性交渉で感染する確率は30%程度とかなり高い確率になっています。

淋病の検査法

病院での検査は「問診」「尿検査」の他、男性の尿道から膿などの分泌物を採取することがあります。

女性の場合「問診」「尿検査」「子宮頸管からの分泌物の採取」が一般的です。

男性は尿、女性はおりもの(膣内分泌液)を採取し検査機関に郵送して検査を受けることのできるキットも販売されています。

淋病の治療法

病院で処方された抗生物質を服薬します。

1日2、3回の服用を7日間以上続けますが、近年淋菌の耐性が強くなっているため、内服薬だけでなく注射薬も併用することもあります。

淋病の予防法

性交渉の際コンドームを正しく着用すること。

また、性交渉のパートナーが変わるときにはお互いに検査を受けるなどの予防方法があります。

不特定多数の人との性交渉を避け、信頼できるパートナーと性交渉をすることも感染の広がりを防ぐ方法のひとつです。

PAGE TOP ↑