梅毒


梅毒を診察する医師

梅毒の症状

梅毒は感染してからの2年間を早期梅毒、それ以降を晩期梅毒と呼び、晩期梅毒期には感染力がなくなります。

また、症状のある顕性梅毒と症状のない潜伏梅毒に分けられ、近年では入院や手術などの際にした血液検査により偶然発見される潜伏梅毒が圧倒的に多くなっています。

症状のある顕性梅毒の場合でも症状のない潜伏期と、症状が現れる顕症期が交互におとずれ、症状はその都度悪化していきます。

感染後3週間後ころにしこりができ、進行すると軟性下疳と呼ばれる潰瘍になります。

しこりは男性では性器の亀頭、包皮内板に女性の場合は性器の小陰唇、陰唇後連、子宮頸部にでき、リンパ節が腫れることもあります。これらの症状は数週間で自然になくなります。

感染後3ヶ月ころからは、全身に梅毒性バラ疹や盛り上がった丘疹などができますが、これらの症状も数週間から数ヶ月でなくなります。

梅毒の感染経路

感染経路はエイズの場合とよく似ていて、血液、精液、膣分泌液によって感染します。

性行為や血液感染以外の日常生活で感染する確率が低いのもエイズと同じです。

また、エイズ同様に妊娠、出産の際に赤ちゃんに感染してしまう母子感染があります。

梅毒の検査法

症状のある顕性梅毒の場合は、しこりや腫瘍から梅毒トレポネーマという細菌が検出できれば梅毒と診断されます。しかし梅毒は潜伏期間がほとんどなので血液検査が不可欠です。

血清中の病原体に対抗しようと作られる抗体を調べるのが免疫血清検査で、一般的にはこの抗体検査が用いられています。

梅毒の治療法

梅毒にはペニシリンという抗生物質がよく効きます。内服と注射でほとんど同じ効果なので今では内服薬で治療することが多くなっています。

早期梅毒で4週間、晩期梅毒では8週間程度ペニシリンを飲み続けます。

梅毒の予防法

エイズ同様に、コンドームの正しい着用で感染を防ぐことができます。

不特定多数の人と性交渉を持たないなどの注意も感染の広がりを防止します。

PAGE TOP ↑