エイズ(HIV)


エイズを診察する医師

エイズの症状

HIVに感染すると、初期には熱、リンパの腫れ、吐き気、頭痛、関節痛など、風邪によく似た症状が現れます。

この時期に検査を受ける人は少なく、通常の風邪と思い込むことが多いのには理由があります。

HIVに感染した身体は抗体を作るため、2週間程度でこれらの風邪に似た症状は治まってしまうからです。

その後、無症候期と呼ばれる期間は全く症状がありません。

通常の生活ができますから感染に気づかないままの人も多くいます。

この期間は人により異なりますが約5~10年と言われます。

症状はないのですが、体内では免疫力が下がっていて、無症候期の後半では発疹や帯状疱疹、皮膚炎、口腔カンジダ症などが現れてきます。

発症期には高熱が2週間以上続いたり、倦怠感、息苦しさなどつらい症状が現れ、日和見感染症と呼ばれる健常者は通常かからない病気になりやすくなります。ニューモシスチス肺炎やサイトメガロウイルス網膜炎などが日和見感染症で、これらが発症すると、「HIV感染者」ではなく「エイズ患者」と呼ばれます。

エイズの感染経路

主な感染経路は性交渉ですが、HIVは血液や精液、膣分泌液に高い濃度で含まれているからです。

血液からも感染します。HIVに汚染されている血液の輸血や血管に刺す注射針の使い回しによっても感染します。

妊娠中や出産時に赤ちゃんに感染する母子感染もあります。

エイズの検査法

採血により検査します。全国の保健所では無料の検査を匿名で受けられます。

どこの保健所で検査を受けても無料なので、住所の管轄でない保健所で受けることもできます。

2000円~5000円程度で自宅から郵送して検査を受けられるキットもあります。

エイズの治療法

現在の医学では、体内のHIVを取り除くことはできません。

しかし、「抗HIV療法」といって体内のウィルスを増やさないという治療法があります。

エイズの予防法

予防法としては、性交渉の際にはコンドームを使用すること、また不衛生な注射針を使用しないことがあります。

PAGE TOP ↑