咽頭クラミジア


喉に感染するクラミジア

クラミジアは粘膜に感染する感染症となっていますので、性器周辺や尿道だけではなく、喉頭内にも感染することが多い感染症の一つとなっています。

喉頭に感染するクラミジアを喉頭クラミジアと呼ぶことが多いですが、主な感染経路としてはフェラチオやクンニリングスのようなオーラルセックスとなっていて、キスでも感染することが多いですが、粘膜同士を絡ませるようなディープキスだと十分に感染する可能性が高いとされています。

喉頭クラミジアに感染した場合でも、クラミジアは自覚症状が乏しい感染症となっていて、男女のどちらが喉頭クラミジアに感染した場合でも、のどの腫れや軽い痛みが主な症状となっていますので、空気が乾燥している際に喉に違和感を覚える人が多いと思われますが、その程度の違和感しかありませんので、自覚することが難しい感染症となっています。

喉頭クラミジアでは、どのような症状になるのか

喉頭クラミジアに感染した場合は、冒頭でも紹介したように、軽く喉の痛みや腫れが発生することが多くなっていて、その際に平熱よりも1度ほど高い微熱状態になることも多いです。

喉に痛みや腫れがあって、微熱になるということから、風邪の初期症状と似ているために、喉頭クラミジアに感染した場合に、風邪を引いたと勘違いする人も多いのが特徴となっています。

しかし、喉頭クラミジアもクラミジアの一種となっていますので、放っておくと膿が排出されることになります。

喉頭から膿が排出されることになりますので、この時点で初めてクラミジアに感染したと気づく人も多いです。

喉頭クラミジアで勘違いしている人も多いのが、喉頭クラミジアから自分の性器に感染するのではないかということです。

クラミジアというのは、何度も言いますが、粘膜から粘膜へ感染する感染症となっていますので、自分の喉頭内から体内を移動して性器周辺に感染をするということはありません。

そのため、自分に喉頭クラミジアが発症しているという場合は、自分から性行為をする相手に感染して、そこから自分の性器周辺に返ってくるという可能性が最も高いとされています。

まとめ

喉頭クラミジアというのは、風邪の初期症状と同じような症状になってしまうために、気づきにくい感染症ということになりますが、放っておくと性行為の際に感染しやすいという状況を作り出してしまいますので、十分に注意するようにしてください。

また、自分から感染させてしまった状態で、相手から自分に再感染させてしまうということも十分に考えられますので、その点に関しても気をつけてください。

PAGE TOP ↑