クラミジア


クラミジアを診察する医師

クラミジア感染症の症状

クラミジアの症状は性交渉により感染してから約1週間~3週間後に現れ、代表的な症状は、陰部から透明な粘液性の液体が出てきます。

男性の場合は尿道炎になりやすく、排尿時に痛みを感じることもあります。

女性の場合はおりものの量が増えたり、匂い、色が変化します。

クラミジアは感染しても症状がでないこともあり、女性の場合は約80%、男性の場合は約50%は自覚症状がなく、感染に気づかないこともあります。

しかし女性の場合気づかないまま悪化すると子宮頸管炎から子宮内膜炎、卵管炎と進行し、腹腔内感染になると非常に激しい腹痛になります。

クラミジアの感染経路

性交渉やオーラルセックスにより感染します。

空気中で強く生き残る菌ではないので、便座や風呂場、タオルの共有などで感染することはありません。

クラミジアの検査法

クラミジアの検査は、感染の疑いがある患部から粘膜や尿道、膣の分泌液を採取して「PCR法」や「ハイブリッド・キャプチャー法」によりクラミジア・トラコマチスが検出されるかどうかで感染が判断されます。

また、受診をためらう人のために、郵送での検査もあります。

男性は尿、女性は子宮頸管内作家物、のどのクラミジアの場合は男女ともうがい薬を検査機関に郵送し、結果をインターネット上で確認することができます。

クラミジアの治療法

医師により処方された有効な抗生物質の服用により治療します。炎症がひどい場合などは点滴を使用する場合もあります。

クラミジアの予防法

有効な予防法は、コンドームの正しい着用です。

クラミジアはオーラルセックスにより咽頭にも感染しますから、フェラチオをするときにもコンドームを使用します。

性交渉を持つパートナーが信頼できる人であるあることもひとつの予防法と言えるかも知れません。

関連記事

咽頭クラミジア

目次1 喉に感染するクラミジア2 喉頭クラミジアでは、どのような症状になるのか3 まとめ 喉に感染するクラミジア クラミジアは粘膜に感染する感染症となっていますので、性器周辺や尿道だけではなく、喉頭内にも感染することが多 […]
PAGE TOP ↑