B型肝炎ウイルス|C型肝炎ウイルス


性感染症というと、生殖機能部分にのみ影響を及ぼしたりするイメージがありますが、HIV(エイズ)のように、病気そのものが重病である、感染者の一生を左右する病気もあります。

その代表が、B型肝炎、C型肝炎です。
性感染症として、とりあげられるのはB型肝炎の方が多いです。

B型肝炎は、血液、体液、などが感染経路になります。
まれに唾液から感染することもありますが、かなりレアなケースです。最も多いのは母子感染です。
最近では、妊婦検診の際に感染検査(血液検査)が行われ、感染していても出産については母子感染を防ぐ手立てが取られており、出産も可能です。

体液から感染するため、予防にはコンドームが有効です。
また血液から感染してしまうので、生理中や傷がある時の性交渉はやめましょう。

感染しても発症率が低いため、気づきにくいのも特徴です。
発症した場合の症状は倦怠感や食欲減退、黄疸などで、慢性化することもあります。
まれに劇症肝炎になり命に関わることもあります。

治療方法は安静にしているだけで治ることもありますが、インターフェロンなどの薬物治療が主です。
慢性化、劇症化しないかぎりは、比較的穏やかな病気ですが、感染力が強いのが特徴です。

今は予防接種が出来ますので、パートナーが感染している場合は、予防接種を受けておくことをお勧めします。一度抗体が出来ればほぼ再発はない病気なので、検査と予防接種が非常に大事な病気です。

C型肝炎は、性感染症の割合はかなり低く、血液感染が主です。
B型肝炎同様、生理中や傷の出来るような性交渉は避けましょう。

C型肝炎も自覚症状がないケースが多く症状が出ても軽いです。しかしB型肝炎との違いは、感染すると慢性化する確率が非常に高いことです。
また更に症状が進むと、肝臓がんや肝硬変に進みやすい病気です。

残念ながらワクチンはありません。
治療はインターフェロンなどの薬物治療を行います。

どちらも血液検査で簡単に感染の有無が解りますので、自宅検査が可能なキットで調べてもいいでしょう。

B型、C型いずれの肝炎も感染は血液が主流、本人の自覚が無く広まるのが最大の特徴です。
血液感染は輸血だけではなく、タトゥーやピアス、乱暴な性行為など血が出る行為全般です。
早めに検査を受けることが何より大事です。

PAGE TOP ↑